症例別 治療 / 腕、手指のだるさ、しびれ、痛み、神経痛、テニス肘

つくしが丘針灸院 > 症例別治療 >腕、手指のだるさ、しびれ、痛み、神経痛、テニス肘

腕、手指のだるさ、しびれ、痛み、神経痛、テニス肘

腕の痛み・テニス肘

腕を使いすぎたり、重い物を持った後の痛みはいわゆる筋肉痛やテニス肘などの関節炎です。
はり治療と手技療法を患部やその周辺に行うことで血行を良くし痛みをしずめていきます。

腕が常にだるい・痛む・しびれる

一方、使いすぎたり、重い物を持ったわけでもないのに常に腕がだるい場合があります。
特に顔を上へ向けたり、あお向けで寝ていると首、肩、背中、腕、手がだるくなったり痛んだり、しびれたりすることがあります。
またつり革につかまるなど腕をあげた状態でいると腕がしびれたり、反対に腕をさげた状態で荷物を持ったり、抱っこをしたりすると首や腕が痛む事もあります。
原因は首、肩まわりの筋肉が緊張し固くなり首から腕や背中に向かって走っている神経がしめつけられ炎症が起こっているからです。

治療について

はり治療はしびれの原因となっている首・肩の筋肉のこりをほぐす事で神経へのしめつけを和らげ痛みやしびれを緩和させていきます。 

病院の画像検査で、
「首の骨の間隔が狭くなっています」
「ストレートネックです」
「首の骨に変形があります」
などの診断を受け、けいいん治療、電気治療、マッサージ、飲み薬などの治療をされている方も多いと思います。
レントゲン画像などで、確認された首の骨の不具合は実は無害で症状とは無関係であり、首肩の筋肉のこりが原因の神経痛だったという事も少なくありません。

お気軽にご相談下さい。

つくしが丘針灸院

TEL 078-581-9200 (予約受付 8:30~18:00)
診療時間 8:30~20:00
※必ず18:00までに予約して下さい