症例別 治療 / 背中のだるさ、背中の痛み

つくしが丘針灸院 > 症例別治療 > 背中のだるさ、背中の痛み

背中のだるさ、背中の痛み

「背中」とは肩甲骨から腰の上部までの範囲を指します。
長時間の座り仕事、立ち仕事、前かがみの作業、重いものを持つ作業などにより、背中の筋肉が疲労し緊張します。
筋肉が緊張すると中を通る神経や血管が圧迫され痛みやだるさになります。

背中の上半分

背中の上半分、肩甲骨周辺が痛む方は肩、首こりや腕のつかい過ぎが原因である場合が多いです。
また肩甲骨の内側のがんこな痛みは首こりが原因の神経痛である事も少なくありません。
これもはり治療はよく適応します。
詳しくは適応症の「腕、手指のだるさ、しびれ、痛み・神経痛・テニス肘」をご参照ください。

背中の下半分

背中の下半分、腰の上部の痛みは座り仕事の方や前かがみで作業される方に多いです。
痛みのため長時間椅子に座れなくなったり、椅子から立ち上がる時に背中や腰が伸びなくなったりする事もあります。 

治療について

当院では緊張し固くこわばった背中の筋肉をはり治療とストレッチで和らげていきます。
肩、首こりや腰痛の治療も同時にさせていただくとより回復が早いです。
マッサージをしたり、柱の角やゴルフボールなどを背中におしつけて、だるさをしのいでいる方もおられると思います。

お気軽に、ご相談下さい。

つくしが丘針灸院

TEL 078-581-9200 (予約受付 8:30~18:00)
診療時間 8:30~20:00
※必ず18:00までに予約して下さい