症例別 治療 / 便秘

便秘

便秘は「3日以上排便がない状態。または毎日排便があっても残便感がある状態」と定義されます。
加えて主観による「便が固くてなかなか出ない」「下腹が張っている」「十分な量が出ない」なども便秘症状とされています。
原因は「食物繊維不足などの偏食」「食事量が少ない」「排便に十分な時間的ゆとりがとれていない」「腸の運動が弱い」「腹筋力が弱い」などです。
また女性に便秘がちな方が多いのは女性ホルモンに腸の活動を抑制する作用があることも一因といわれています。
便秘は腹部の不快感だけではなく寝つきがわるくなったり、肌が荒れたり、肩がこったり、頭痛、腰痛などが随伴することがあります。

治療について

はり治療は、皮膚を刺激すると内臓に反応がおこる「体性内臓反射」という生理作用を利用して腹部、足、腰の皮膚を軽く刺激し、胃腸の運動を促進します。
当院では、便秘の治療だけでなく随伴する肩こり、腰痛などの諸症状も同時に治療していきます。
はり治療を続けると排便の回数が増えてきます。
昔から快食、快眠、快便といわれる通り、お通じは健康のバロメーターです。
治療を受け胃腸を元気にする事で良いお通じのリズムをつくっていく事をおすすめします。

お気軽にご相談ください。

つくしが丘針灸院

TEL 078-581-9200 (予約受付 8:30~18:00)
診療時間 8:30~20:00
※必ず18:00までに予約して下さい