症例別 治療 / ぎっくり腰、腰痛

つくしが丘針灸院 > 症例別治療 > ぎっくり腰、・腰痛

ぎっくり腰、腰痛

腰の筋肉の疲労や損傷により腰部に痛みやこわばりが生じるため腰の曲げ伸ばしなどの運動に制限が生じます。
損傷の程度が大きいため、痛みが強く日常動作が困難になったものがぎっくり腰です。
日常的に重い物を持つ人や長時間立っていたり、座っていたりする人に多いです。

はり治療は筋肉の炎症をおさえ、痛みをしずめます

当院では腰の患部の筋肉だけでなく、背中など腰の周辺の筋肉にも治療を行い、痛みを早期に緩和し速やかに元の腰痛のない状態に戻ることを目指します。
電気治療やシップをはるより、はり治療は鎮痛効果が高く、治りが早いと思います。

腰痛は急性と慢性に分けられ、慢性腰痛は殿部や足にだるさやしびれを感じる事も少なくありません。
だるさ、しびれ、こむら返りは腰が疲労しているサインです。
治療を受けることをおすすめします。

また、はり治療はぎっくり腰や足の神経痛の予防にも適しています。

お気軽にご相談ください。

つくしが丘針灸院

TEL 078-581-9200 (予約受付 8:30~18:00)
診療時間 8:30~20:00
※必ず18:00までに予約して下さい