症例別 治療 / 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は障害される場所により、「神経根型」「馬尾型」「混合型」に分けられます。
ここでははり治療が適応する「神経根型」についてご説明します。
脊柱管狭窄症は歩いたり、立ったりしていると腰、殿部、太もも、ふくらはぎに痛み、しびれ、冷感などがおこるため歩行困難や立位困難になります。
しばらくの休息、特に背中を丸めるように前かがみをすると症状が和らぎ再び歩いたり立ったりすることが出来ます。

脊柱管狭窄症の原因は運動不足や過労のため、背骨の関節を構成する筋肉や靭帯などが炎症をおこし腫れるためです。そのため背骨の関節の間から足へ向かって出ている血管や神経の根元が圧迫され痛みやしびれが出ます。
歩いて症状がでるのは血液の循環不足が原因です。
前かがみで痛みがとれるのは関節と神経の間が広がるからです。

治療について

当院では、諸症状の改善と進行防止を目的に背骨のきわにある神経の出口部の筋肉にはり治療を行います。
治療によって血流が良くなり、炎症がしずまります。
炎症がしずまると神経の出口周辺の筋肉、靭帯の腫れがおさまり神経機能が回復していきます。

脊柱管狭窄症の診断を受け病院などでけいいん治療や電気治療をうけている方もおられると思います。はり治療は脊柱管狭窄症の症状緩和の一助になると思います。

お気軽にご相談ください。

つくしが丘針灸院

TEL 078-581-9200 (予約受付 8:30~18:00)
診療時間 8:30~20:00
※必ず18:00までに予約して下さい