症例別 治療 /
足のだるさ、しびれ、痛み、神経痛、こむら返り、肉ばなれ、梨状筋症候群

つくしが丘針灸院 > 症例別治療 > 足のだるさ、しびれ、痛み、神経痛、こむら返り、肉ばなれ、梨状筋症候群

足のだるさ、しびれ、痛み、神経痛、こむら返り、肉ばなれ、梨状筋症候群

運動のしすぎからくる足のだるさ・痛み

運動のしすぎでおこった足のだるさ、痛みはいわゆる筋肉痛や肉ばなれといわれるものです。

治療 (運動のしすぎからくる足のだるさ・痛み)

はり治療は患部やその周辺にはりをくっつける事により血行を良くし、炎症をしずめ痛みをとっていきます。

運動しないのに起こる足のこむら返り、重だるさ、しびれ、痛み

一方、運動をしたわけでもないのにこむら返りが頻繁におこったり、「座る」「立つ」「歩く」などで足が重だるくなったり、しびれたり、痛む事があります。
この場合は腰や殿部の筋肉に原因がある事が少なくありません。
腰や殿部の筋肉は疲労したり、炎症がおこると緊張し硬くなります。
すると中を通る血管や神経がしめつけられます。
特に坐骨神経や大腿神経という腰から足へ向かう神経がしめつけられると太ももやふくらはぎ、すね、足の指先にだるさ、しびれ、痛みがでます。 いわゆる足の神経痛です。

また殿部の筋肉の緊張を原因とする足の神経痛を梨状筋(りじょうきん)症候群といいます。

皆さんのなかには病院でレントゲンなどの画像検査を受け、
「腰の骨の間隔が狭くなっています。」
「腰の骨がすべっています。」
「腰の骨が変形しています。」
と診断され湿布や飲み薬、電気治療、けいいん治療をしている方もおられると思います。
レントゲン画像で確認された腰の骨の不具合は実は足の痛みやしびれとは無関係であり、原因は腰や殿部の筋肉の緊張だったという事は少なくありません。 

治療 (運動しないのに起こる足のこむら返り、重だるさ、しびれ、痛み)

足の神経をしめつけている腰や殿部の筋肉をほぐす治療を行い、足の痛み、しびれを和らげていきます。
少しづつ、座ったり、立ったり、歩いたりできる時間が延びてゆきます。
またこむら返りの回数も減ってきます。

お気軽にご相談ください。

つくしが丘針灸院

TEL 078-581-9200 (予約受付 8:30~18:00)
診療時間 8:30~20:00
※必ず18:00までに予約して下さい